映画観て来ました。

灰原クラスタ様方の評判の良さに例年よりかな〜り早く映画館に行って参りました(大体いつもはGW中なんですけど、今年は仕事の関係で逆にGWは厳しいという悲しい事情もあったりします@爆)


一言で言ってしまえば灰原ファン的には美味しい映画だったと思います(ライト層からは「ヒロイン変わったの?」という発言まで飛び出したそうですし) 
出番はある、活躍もある、予告もほぼ嘘予告じゃなかった(!)と嬉しい誤算ではありました。
ただストーリー的に考えると「どうなのかなあ?」と思わされる事がチラホラあった事も否定出来ず。
ここから先は原作のネタバレも含みますので「OK!」という方のみお進み下さい。





「コナン」は原作ありきのアニメなので仕方ないと言えば仕方ないのですが、ちょっとライト層に不親切な内容じゃないかなあと感じてしまったんですよね。今回の目玉「シャアVSアムロ」、江戸川が「何やら因縁があるらしい」と前説してはいましたが、話のメインに持って来ているのにどうしてこの二人がここまでいがみ合っているのかテレビアニメしか見ていない層には全く分からないんです。公開と前後して発売されたコミックスでようやく赤井が安室の同僚(?)を殺した事が彼のモノローグで語られ(ただし安室の壮大なる勘違いというヘタムロ品質ですが@爆)、サンデーでようやく二人の過去話が描かれてはいるのですが、テレビアニメしか見ていない方は完全に置いてけぼりを食らっている訳です。
しかもこの二人の争いが「そんな事やってる場合じゃないだろ〜!!」と力説したくなるような場面という@爆 
黒の組織が少々おまぬけなので事無きを得ましたけど、あのまま観覧車が止まらなかったらこいつらどう責任取ったんだろう……


江戸川の仲裁(してたか?と私は疑問なんですけど)もあって二人はそれぞれ対組織に動くのですが、ライフル持ってウロウロしてたシャア赤井は「置いといて」(←)安室サイドの驚きの設定が明かされました。なんと「あの」松田刑事と知り合いだったという……灰原好きにとっては「揺れる警視庁」は結構美味しい話でしたし、高佐の恋愛話では外せないエピソードではありますが、コミックスが89巻まで来ている昨今、36巻で一回だけ出て来たゲストキャラを一体どれだけのファンが覚えていると公式は考えているのか……orz この設定持って来るなら直前の再放送は「揺れる警視庁」にすべきだったと思うんですけどね〜(キールの出番なんてほとんどありませんでしたし)
更に言えば松田刑事は警視庁、安室君は警察庁と属する組織が違います。松田刑事がエリートで警察大学で研修を受けていたという可能性が無きにしもあらずですが、警察学校云々という設定は無理があるような……
まあ所詮アニメの話ですしスルー出来ない事もないのですが、劇中であれだけ2つの組織がぶつかってる現場を描いている事を思うと「う〜ん」と首を傾げてしまう訳です。
それにしても安室の部下という割にカミーユ老けてたな@爆


そして一番不満だったのがやっぱり今年もパニック映画だった事。劇場版「コナン」に推理を期待するのはもう無理なんでしょうかねえ……
それにしても「漆黒」で東都タワーが、今回公共の大型レジャー施設がヘリや軍用機から銃弾で蜂の巣にされたというのに本格的な捜査が全く行われている気配がない事が「コナン」界最大の謎のような気がするのは私だけでしょうか?@核爆
0

    絶賛サボリ中@爆

    ツイッターでは呟きましたが、現在相方と二人仲良くアンソロ燃え尽き症候群に陥っております@爆


    テキストを書き終えてホッとするのはサイト作品でも一緒なんですけど、オフで発表する場合オンと違って作品が出来てから読者の方の目に触れるまでどうしてもタイムラグが生じてしまうんですよね。元々反応を頂く事が少ないサイトではあるのですが(これは私の人望の無さが原因@爆)、それでもツイッターで反応を返して頂いたり拍手を頂いたりすると「あ、読んで頂けたんだな」と実感出来ると同時に「次はどうしようかな」という萌え補給行動の原動力にもなる訳で。
    更に言えばオン作品って公開後にしれっとファイルを差し替える事も可能ですけど、オフはそうはいかない → 緊張感が半端ない訳です。おまけに参加メンバーの顔ぶれも凄い事になってますし@汗
    そんなアンソロ、詳細はツイッターでも告知されるようです。アカウントは 、通販等の情報はこちらが一番早いと思われますので、よろしければフォローをお願いします(ツイッターアカウントがない方もTLを見る事は可能です)


    ところで支部で以前から拝読させて頂いていた作者様が素敵な新連載を開始されました。もうね、哀ちゃんのコナンに対する思いが切なくて切なくて抱き締めてあげたくなる、そんなお話です(ウチは天上天下唯我独尊な哀ちゃんとヘタレ江戸川が定番ですから←開き直り) サイトの更新が滞っている今こそ素敵灰原テキスト書き様のご紹介♪とばかりに支部のプロフページへリンクさせて頂きました。考えてみれば表立った更新は今年に入ってから初めてなんですよね。ここは一つ相方のお尻を叩いて来たいと思います←
    ちなみに私の方はようやく小ネタが……といった状況です。今度の週末に映画を観に行く予定なので、萌え補給出来るといいのですが^^;)



     
    0

      抜け殻なう

      相方が早速Blogにて宣伝しておりますが、灰原哀&宮野志保アンソロジー企画作品、二人揃って無事入稿する事が出来ました(私の方は一ヶ月半ダウンしていた事もあり、〆切が伸びなかったら完全に間に合いませんでしたけど@遠い目)
      一方でサイトの方が12月に短編をアップして以降、完全に放置プレイになってしまっているので、早々に何かアップしたいのはやまやまなんですが、何せ現在完全に抜け殻状態でして……orz ま,順番から言えば新作をアップしなくちゃいけないのは覚さんなんですけどねw
      現在、供給される萌えにネタが降って来るのを待つといったところでして。支部で続々と新作をアップされている方は凄いなあと思います。



      そんなこんなで完成したオフ作品、単純に文字数にして27,241字と合同本という空気を読まない作品になってしまいました。元々中〜長編で考えていたプロットだったので致し方ないところではあるんですけど、もう「私の作品が嫌いな方はすっ飛ばして下さい」じゃ済まないページ数だよなぁ……
      ちなみにCPは私にしては珍しい新哀です。現在絶賛放置プレイ中の連載で少し書いてはいるものの、本格的に書いたのは初めてですね。ストーリー的に新哀でないと成り立たない作品なので選ばせて頂いたCPなんですけど、今回「新哀といえばこの方!」な主催者様がコ哀だそうで。そういう意味でも面白いアンソロになるのではないかと思います。
      そして今回の目玉「R18」ですが、私の作品に関しては糖度ゼロを通り越して氷点下です。ツイッターで呟きましたけど、何せ仮タイトルが「absolute configuration」でしたから@爆笑(読んで頂ければ納得なんですけどね)
      作品についての詳しいフォロー(というか謝罪といった方がいいのか???)は発行時に改めて機会を設けさせて頂ければと思っています。



       
      0

        「No Music No Life Question」企画に参加してみました。

        小暮公さんのBlogにて読み応えのあるエントリーを拝見し、私も参戦させて頂く事にしました(久し振りのエントリーで「コナン」関係なくてすみません@爆)


        ・人生で初めて音楽をいいと思った瞬間はいつですか? きっかけになった曲があれば曲名と理由もお願いします。


        年がバレますが、テレビから流れて来たピンクレディーの曲が「音楽」を意識したきっかけだと思います。ただ「いい」と思った訳ではなく「童謡ではない音楽を意識した」といった方が適切かもしれません。
        「メロディがいいなあ」とか「詩がいいなあ」と思い始めたのは薬師丸ひろ子さんのアルバムが最初かな?家族で「わくわく動物ランド」を見ていた事もあって彼女の「すこしだけやさしく」とか飯島真理さんの「1グラムの幸福」とか好きでした。
        もっとも薬師丸さんの場合、シングルに関しては「何でこの曲が『セーラー服と機関銃』なんだ?『探偵物語』なんだ?」と詩の世界には「???」でしたけど@爆


        ・どういった感じの音楽が好きですか? ジャンルでも、言葉で詳しく表現して頂いても構いません。


        メロディが綺麗な曲ですかね?目の前にバーっと地平線が広がって見えるようなメロディに弱い気がします(代表的な曲はかおり嬢の「TSUBASA」でしょうか?)
        最近では桐嶋ノドカさんの「Wahの歌」に一耳惚れしました。
        ジャンルは特に意識してないです。


        ・上の質問で挙げたジャンルを好きになったきっかけはありますか?


        基本、歌っている人の声質でハマるので「ジャンルで好きになる」という経験はありません。洋楽、K-POP、C-POPも聴きますしね。


        ・好きなアーティストはいますか?


        サイトの自己紹介に挙げさせて頂いているアーティストの作品はよく聴きます。とてもじゃないけど全部は書き切れません。


        ・音楽を聞いて感じたことがあればレビューなどを書いたりしますか?


        昔はこのブログにチョコチョコ書いていましたが、今はツイッターで呟いてお終いのパターンが多いです。「自分がいいと思うならそれでOK」が基本。
        他の方に営業して好きになって頂ければそれはとっても嬉しいな、といったところでしょうか?


        ・上の質問で書いてると答えた方だけに質問です。そのアルバム(曲)の何を重視して伝えてますか?


        営業しようと思って書いてなかったからなあ。逆に今の方がツイッター営業してるかも@爆笑 
        とりあえず自分的ベストトラックは書いていた(呟いている)と思います。


        ・どんな時に音楽を聞きますか? また、状況に合わせて聞くものを選んだりしますか?


        通勤途中と昼休み、あとはネットサーフィンしながら。
        テキストを書く時は基本聴きません。
        状況に合わせて選ぶ事もしないなあ。その時の気分で聴きたいものを聴きます。


        ・※アニソン・声優系の曲は聞きますか? 聞く場合は何に注目して聞いていますか?


        「これはアニソン」「これは声優系」とかいちいち意識してないです。いいものはいい。
        あ、でも「声優系だとキャラソンで諭吉が……」と遠い目になりますね@爆 声優さんの場合、音源があっちこっちに散らばっていますから。


        ・ ※印の質問で声優アーティストの曲を聞いていると答えた方に質問。アーティスト活動している声優で好きな方はいますか? 魅力も書いてみてください。


        声優系の代表格は私にとっては坂本真綾嬢なんですけど、彼女に関しては私にとっては歌手です(ついこの前、初めて声優主役作品を見たぐらいですから←)
        声優業をメインに歌っている方の中では桑島法子さんと雨宮天さんかな?
        ここでも基本は「歌声」なんです。


        ・こちらも※印の質問で声優アーティストの曲を聞く方への質問。キャラソンを聞く時はどういった部分に注目して聞いてますか?(歌唱、表現など…)


        自分が興味を持っている方の作品はキャラソンでも隔てなく聴いています。さすがにキャラ前面出しの曲は購入してもあまり聴かなくなってしまいますけど。


        ・ 映画・アニメ・ドラマ・ゲームなどのサントラは聞いたりしますか?


        かおり嬢繫がりでFictionJunctionを聴き出してからサントラもチョクチョク聴くようになりました。でも基本は歌ものが好きです。


        ・ライブにはよく行きますか?


        会場限定CDがある時はなるべく出向くようにしていますけど、何せ田舎なので遠征費用が……


        ・あなたが今まで聞いた音楽の中でもっとも印象に残っている作品を教えてください。アルバムでも楽曲単位でも構いません。ジャンルも問いません。印象に残った理由も交えて書いてみてください。


        FictionJunctionのライブDVD(Vol.2)ですね。本来、BGMであるはずのもの(=脇役)が主役をとって食った瞬間が衝撃的でした。
        MCの衝撃はVol.9の「おじいちゃん」でしょうけどw


        ・あなたにとっての音楽とは何?


        空気。意識しているものではないけどないと困るもの。
        0

          狂いまくりの一年

          早いもので今年もあと4日と少し。とは言っても年の瀬なんて実感は全くもってありませんw
          今の仕事をしていると毎月日付で動くので1月&5月が必然的に犠牲になるんですよね。人並みに休めるのは盆だけだったり(あ、でも盆も一ケ月で一番忙しい時期のスタートと重なるんだよな@遠い目)



          そんな訳で(?)年の瀬の雰囲気を全く読まずサイト更新しました。pixiv先行公開していた相方新作のサイト公開&私のリク作品公開です。
          相方の作品につきましては予告通り加筆されております。が。これが糖度アップと言われると「どうなんだ?」と私でも突っ込みたいかも、うん。クレームは人望担当の相方までよろしくお願いします。
          私の方はアンソロ用の原稿を書いていた時に降りて来たネタです。灰原さんの「眼鏡を取った彼(江戸川)はスーパーマン。心配するだけ損だわ」という一言から一気に話が広がりました。ただ当初はラストシーンはなく(実は第2稿の段階でもなかったという)、少年探偵団の会話で終了だったのですが、好奇心旺盛な歩美ちゃんが突っ込まないのは変だと思いこんな形に。おかげで二つのリクを一つの作品で消化する事が出来ました。さて、残りのリクはあといくつだったかな?少なくともこれを消化するまでは閉店出来ないので←



          まだ年末に茶会を予定しておりますので締めという訳ではありませんが、今年は一言で言えば狂いまくりの一年でした。
          久し振りに連載を更新し、自分の短編を更新した日に相方から原稿が送られて来るという理想的なペースに戻った途端私がダウンしちゃいましたからね〜。そのせいで秋がすっかりありませんでした。アンソロ原稿も順調に止まっています@爆
          そんな訳で来年はまずアンソロ原稿ですね。参加表明しておいて外す訳にはいかないですし、書かないとタダで貰えないですから←
          サイト原稿はアンソロが煮詰まった時にチョコチョコといった形になると思いますので、春までは更新が鈍ると思います。ま、亀更新変わらずって事で@爆



          それでは来年もよろしくお願いします。
          0

            覚さんファンの方スミマセン

            2ヶ月半振りにサイトを更新しました。今回のメインは相方の新作短編公開です。
            とまあ通常でしたら2ヶ月半振りと言っても「まあそんなもんか」で済むのですが、今回は特に覚さんファンの方々にはお詫び申し上げないといけません。といいますのも覚さんからは前回私のテキストをアップして間もなく原稿を預かっていたのですが、原稿を預かったまま私がダウンしてしまいorz
            何とか季節は外さずに済みましたけど、予定よりかな〜り遅い公開となってしまった事をお詫び申し上げます。
            お詫びという訳でもないのですが、今回の作品、サイト公開する際は糖度アップとなるそうで。すなわち支部バージョンも残る事となります。そう遠くないうちにサイトバージョンも公開になる(はず)ので、楽しみにして頂けると幸いです。まあ糖度アップと言ってもそこは当社比の話になるとは思いますけど@爆


            それから応援リンクになるとは思いますが、昴哀アンソロサイト様へリンクさせて頂きました。覚さんサイドは「置いといて」、私的にはネタが降って来そうもないので。沖やんが沖やんだったらともかく中身あの人じゃ、ねえ@爆  更に言えば朝ちゅんアンソロと〆切被っちゃってますし。


            後はバックステージをチョコチョコ更新。いつの間にか相方のフェイバリットアーティストが増えています。この先もきっと増えていくんでしょうね♪



             
            0

              更新予定

              すっかり放置プレイのサイトですが、近日中に相方の短編を公開予定です。コ哀の短編でタイトルは「森の贈り物」、私がダウンしたせいで初稿が上がってから二ヶ月近く経ってしまったのですが、なんとかシーズンに間に合いました。
              通常こういった先行告知はしないのですが、現在平日更新が難しい状況でしてPixiv先行の可能性が高く(しかも相方のテキストページからリンクなしという不親切さ)、あらかじめ告知させて頂きました。楽しみにして頂けると幸いです。
              かく言う私の方はやっとこさネタが降りて来たという感じですかね?アンソロ用の外道工藤&それを凌駕する灰原が思っていた以上にツボで← 



              続きで拍手返信です。
               
              0

                三途の川の音も聞こえませんでした@爆

                ツイッター及びblogの長期間に及ぶ突然の失踪、申し訳ありませんでした(「まあ覚さんがblog書いてくれるだろうからサイト閉鎖とは思われないだろう」と思っていたら覚さんもサボっていたという@爆)
                個人的な事情をネットに書くのは好きではありませんが、ここを訪れて下さる方々が健康に生きていく上で参考になればと書き記す事にしました。興味ない方は遠慮なくスルーして下さい。
                0

                  思えば随分サボったものだ@爆

                  約半年振りにサイト更新しました。オチを思い付いた時は「これなら楽勝♪」と思っていたのですが、いざ書き出したらとんでもない罠にハマってしまったという。更にR18アンソロの企画が持ち上がり、前々から温めていたネタだった事もあってそっちの方が筆が進むんですよね。ぶっちゃけ深夜に更新した短編よりはるかに長いところまで初稿も上がってます。
                  それに支部でテキストを公開出来るようになってから素敵灰原テキスト書き様も増えましたし、何より森絢女様が復活されましたし。ウチがそこまで更新頑張る必要もないか♪とすっかり別の沼にはまっていました。
                  ところが↑のアンソロ〆切が延期となり、サイト更新をさぼっているもっともな理由がなくなってしまった訳で←
                  「さすがにこれ以上サボってたらマズイ!」と慌てて書き書けの短編を引っ張り出して来た次第です。
                  ところがアンソロネタが思いっ切り灰原vs工藤のバトルネタだったりするので(それこそ梶浦さんのバトルテーマが延々と脳内リピートするような)、少々可愛らしいコ哀ネタに頭を切り替えるのが大変で大変で←自業自得
                  本日何とか公開に辿り着く事が出来ました。相方も揃ってサボっているのでそろそろ喝を入れたいと思います。

                  タイトルは二転三転したのですが、江戸川にとっての「愛する」と「好き」の境界線という意味で「ボーダーライン」とさせて頂きました。ぶっちゃけ最近ヘビロテ中、桐嶋ノドカさんの曲から頂いたんですけどね。当の楽曲はこんなちっぽけな意味のボーダーラインなどではありませんので良かったら一度聴いてみて下さい。



                   
                  0

                    それはアカンやろ

                    先週からついに連載再開という事で、この暑さでダラけている身にも少しは萌えが投下されるかしら?と期待していたのですが、とんだコメディから始まってしまいました。「コナン」登場人物の中で一番キャラ設定がブレブレなのは言わずもがなヒロイン、毛利蘭ですけど、灰原さんも結構な被害者だったりするんですよね。今までもあれこれあった事はありましたけど、まさか小五郎さんの迷推理の相方にされるとは@呆 GOD青山には是非「誘拐事件」の際の灰原さんと小五郎さんの絡みを見て勉強して頂きたいものです(あの二人のやりとり、スペシャルでは面白かっただけにガッカリ感が半端ねえorz)


                    それにしても二次で書いている人間がキャラ崩壊だけはしないよう気をつけているのに原作がアレだと「もう何でもありかよ?」と愚痴りたくもなります(オリジナルを書いている時もキャラだけはブレないよう気をつけますからねえ)
                    ただ登場人物の運命を握っているのがあくまで作者である以上、あまり文句ばっか言うのもどうかと。下手したら出番減らされちゃうかもしれませんし、最悪「このキャラ、もう殺しちゃおうかな」って事も出来る訳ですから。
                    とりあえず人気ある灰原出しておけばいいんじゃね?という作者の姿勢は評価しませんけど、GOD自身「最初は軽い事件から」とコメントしてますし、適当にスルーするのが一番かもしれません(人が殺される内容で「軽い事件」というのもどうかとは思うけど@爆)

                     
                    0

                      このページの先頭へ

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      twitter

                      視聴スペース♪

                      音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE

                      視聴スペース♪

                      音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE

                      視聴スペース♪

                      音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE

                      What time?



                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      PR