赤安バブル

映画効果で赤安カップリング人気が凄い事になっていますね。まったり『コナン』を追って来た身としては「コナンってこんなに熱いジャンルだったっけ???」状態です。そもそも29巻で赤井さんが初登場した時こんな所で火が点くとはGOD青山も想像していなかったのではないでしょうか?

ツイッターで流れて来る情報を見るだけでもグッズはバカ売れ、転売の嵐、支部を覗けば赤安作品オンパレード……与えられた作品の楽しみ方は個人の自由ですし、とやかく言うつもりは全くありませんけど、これだけ加熱気味だといつバブルが弾けるか心配になってしまいます。

かく言う私自身はそもそもBLに興味ないですし、『ファーストガンダム』をよく知っている身としては『別のキャラ』と分かっていてもどうしてもあの二人に『シャアとアムロ』が見え隠れしてしまう訳です。声優さんも一緒ですしね。だから余計『ガンダムごっこ』やってるようにしか見えなくて。ある意味素直に『赤井と安室』として楽しんでみえる方々が羨ましかったりします@爆

(『ファーストガンダム』では主人公であるアムロ・レイよりライバルであるシャアの方が絶大な人気だった訳ですが、降谷零=安室透=バーボンは元ネタ君よりイケメン描写されていますし、一方で赤井秀一は見方によっては『目付きの悪いポエマー』だったりするので果たしてこの二人の人気はどちらが高いのか……変な事は気になったりしますけど)

『コナン』という作品の進展を考えると「壮大な二次創作してる暇があるならさっさと本編進めてくれ」というのが本音ですが、とりあえずこれだけ人気がある以上公式も無視出来ないでしょうね。全てはラストに繋がると信じて緩い目で今後を見守りたいです。

 

 

 

そんな昨今の『コナン』ジャンル、テンコ盛りに供給される赤安ものに混じって灰原さん関連の作品もチョコチョコ見受けられますが、最近やけにヒロインを必要以上に貶したりこき下したりする作品が多いような気がするのですが……『ヘイト創作』と呼ばれ、そういう作品に需要があるというのが「何だかな〜」といった感じです。

私も毛利蘭というキャラクター、正直好きではありません。限りなく優しいところ、家庭的なところ、空手が強くて犯罪者をノックアウトしてしまう所等々いい所も勿論ありますけど、基本『男=新一』が全ての行動基準になっていて自分がない所が苦手なんです。でもだからと言って悪く書いていい訳ではないし、書くたくない。いかに彼女のいい所をきちんと踏まえた上で動かすか

……結果蘭を書き出すといつも筆が止まるんです@核爆

新蘭ファンの作者様が灰原を悪く書いたらいい気分にはなりませんよね?逆の立場で考えた時に自分が嫌だなと思う事はしない、これって日々生活する上でも当たり前の事だと思うのですが。

0

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.08.20 Sunday
      • -
      • 23:03
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメントする








         
      このページの先頭へ

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      twitter

      視聴スペース♪

      音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE

      視聴スペース♪

      音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE

      視聴スペース♪

      音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE

      What time?



      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR